樽見鉄道

旅行

樽見鉄道と無人駅を撮る根尾川沿いドライブ|岐阜県のおでかけスポット

スポンサーリンク

ローカル線や山奥の駅はとってもフォトジェニック。今回は、カメラ旅におすすめの、樽見鉄道沿線をご紹介します!

岐阜に引っ越してきてから、田舎を撮影することにはまっています。

自然が豊かで、空が広くて、ノスタルジックなものがたくさんあって。田舎には魅力的な被写体があふれています。

今回は、先日訪れた樽見鉄道沿線をご紹介します。

この記事を読めばわかること

  • 樽見鉄道沿線のおすすめ撮影スポット
  • 樽見鉄道沿線のおすすめランチ

 

次の週末、どこに行こうか迷っているひとにおすすめ!とっても素敵な風景に出会えますよ。

参考になればうれしいです。

ブロガー自己紹介

この記事を書いている、フリーカメラマンのユキカです。
初心者一眼レフを買って3年でプロに転身。子供・家族・プロフィール写真撮影は年間100件以上。
ネットショップ・店舗向けのファッション雑貨や料理写真の撮影経験もあり。
最近は、起業家・フリーランス向けに写真撮影とホームページ制作や更新のサポートも行っています。

樽見鉄道とは

樽見鉄道

樽見鉄道とは、岐阜県の大垣市の大垣駅から本巣市の樽見駅までの34.5kmを結ぶローカル線です。

大垣市を抜けると、田んぼや畑、根尾川の渓谷など豊かな自然の中を走ります。

電車ではないので、パンタグラフがありません。電線や電柱がないので、すっきりしています。

電車は一両もしくは二両編成。本巣から樽見まではほぼ一両です。

自然の中を走り抜ける姿がなんとも可愛らしく、鉄道ファンでなくても思わず写真を撮りたくなりますよ。

 

樽見鉄道の列車を撮るおすすめ撮影スポット

樽見鉄道はノスタルジックなデザインが可愛いくて、とても写真映えする列車です。

そんな列車をぜひ撮っていただきたいので、まずは樽見鉄道を撮影するおすすめスポットをご紹介します。

電車を撮りたいので、電車には乗らずに車で移動するのがおすすめですね。

樽見鉄道は本数が少ないので、時刻表で電車の時間を調べながら、移動しましょう。

樽見鉄道

 

鉄橋を走る樽見鉄道

陸橋を渡る樽見鉄道

樽見鉄道は鉄橋で撮りたい!ということで、一番のおすすめは日当駅近くの鉄橋です。

下のマップは日当駅にピンがささっていますが、撮影場所は、日当駅と鍋原駅の間にある4つの鉄橋のうち、日当駅から3つ目の橋付近。

川の西側にある細い山道を走っていくと、道沿いに「入川口」の看板があります。車を停めて、細い道を降りて行った途中で撮りました。

下から見上げるアングルになるので、うまく青空が入っていい感じ。

ちなみに、この鉄橋下で泳いでいる人がいました。

 

日当駅(ひなたえき)と樽見鉄道

樽見鉄道

日当駅に入ってくる樽見鉄道もとても絵になります。

小さなホームもいい雰囲気なので、ホームが隠れないように到着する直前のタイミングでシャッターを切りました。

この駅を過ぎるとすぐトンネルがあります。そのトンネルの上が道路なので、そこから撮影しました。

鉄橋と電車とホームをおさめることができ、この駅の雰囲気を一枚におさめることができましたよ。

ちなみに、駅の裏側にスペースがあって車も停められました。

 

撮影が楽しい樽見鉄道の駅

神海駅(こうみえき)

神海駅の駅舎

本巣から四つ目の、神海駅です。

駅舎はかなり小さいですが、樽見鉄道では立派な方ですね。

レトロ感たっぷりの駅名の書体、青い窓枠、小さな郵便ポスト。

そして、樽見鉄道カラーの自動販売機。どれをとっても可愛くてたまりません。

神海駅の窓口

私が訪れたは土曜日でしたが、誰もいませんでした。

駅の窓口に施された装飾。手作り感満載です。

駅前にスペースがあるので、そこに車を停めさせてもらいました。

  

日当駅(ひなたえき)

日当駅と奥の陸橋

さきほどもご紹介した日当駅。神海駅から終点の樽見に向かって三つ先にあります。

山の中にある、緑にかこまれた雰囲気ある駅。電車がいなくても絵になる駅です。

「日当ひなた)」っていう駅の名前がとってもいいですよね。

この駅で撮った写真はいろんなストーリーがうかんできます。

 

ランチはそば処「寿」がおすすめ

そば処寿の外観

樽見鉄道を追いかけて走るのは国道157号線。

お店の数は少ないので、ある程度目星をつけておいた方がいいでしょう。

今回お邪魔したのは、157号線沿いにある「手打ちそば 寿」さん。

ご夫婦ふたりで切り盛りしている(と思われる)おそばやさん。

15人くらいでいっぱいになりそうな、こじんまりとしたお店でした。

天ぷらそば

週末はメニューが限定されていて、私たちが注文したのは天ぷらそば。

麺の不揃いな感じが手打ちそばならでは。天ぷらはサクサクでエビがわりと大きかった。

サービスのおいなりさん

おいなりさんがもち米なのかな?と思うほどもちもちしていました。

壁には、「お稲荷さんはサービスでつけています。なくなりましたらごめんなさい」という張り紙が。

店主の方もとても優しい雰囲気で、ほっこりするお店でした。

 

まとめ

大垣近辺の観光スポットはいろいろありますが、個人的に樽見鉄道はかなりおすすめ。

山と川、そしてその中を走るローカル線。

田舎ならではの風景が堪能できますよ。

今回は、列車を撮るお出かけでしたが、今度は列車に乗って、列車の中や列車からの景色も楽しんでみたいと思います。

スポンサーリンク

-旅行

Copyright© カメラのいろは , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.