オクマリゾート

旅行

ハワイ気分を味わえるオクマプライベートビーチ&リゾート|沖縄のおすすめホテル

スポンサーリンク

旅行好きの私が訪れたおすすめスポットをご紹介!今回は沖縄本島のホテルをご紹介します。

一度の豪華なバケーションより、上手に節約して何度も旅に出掛けたい、旅行大好きカメラマンのユキカです。

実際に私が訪れた場所のなかから、リーズナブルに楽しめるおすすめの観光スポットや、コストパフォーマンスの高いホテル・旅館などを中心に、皆さんの旅の計画に役立つ情報をご紹介しています。

11月の真ん中にお休みが取れたので、夫婦で沖縄へ行ってきました。

沖縄は何度も行ってもまた行きたくなる、大好きな場所。

最近は、比較的安くて、空いていて、のんびりできる、名護市や国頭村など、本島の北部エリアに泊まるのがお気に入りです。

今回もGo Toトラベルをフル活用し、こんな時だからこそ泊まれるちょっといいホテルを利用して、4泊5日の旅を楽しんできました。

おすすめの情報をたっぷりお届けしますので、ぜひ最後までお付き合いください!

今回の旅で初日に泊まったのが、「オクマ プライベートビーチ&リゾート」。

一泊だけの利用でしたが、とってもよかったんです!その魅力を詳しくご紹介していきます。

「オクマプライベートビーチ&リゾート」空港からのアクセスと料金

オクマエントランス

「オクマ プライベートビーチ&リゾート」は、いつか泊まってみたいなと思っていたホテルでした。今回、念願かなって初めて泊まってきました。

宿泊するのが旅行初日ということもあり、移動の疲れをいやしつつホテルを満喫しようと、空港からまっすぐオクマへやってきました。

那覇空港から車で100分!遠いからこそのんびり過ごせるリゾート

レンタカーを利用して、那覇空港から高速道路を使って約100分。

けして近いとは言えない距離ですが、途中からは海岸線を走るので、景色を楽しみながらのドライブするとあっという間に到着です。

オクマ プライベートビリゾート

〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村字奥間913

那覇空港より、沖縄自動車道、名護東道路利用時所要時間約100分

 

宿泊プランが豊富!平日利用は13,300円~とリーズナブル

オクマパームコテージ

オクマと言えば、一棟タイプのヴィラが有名ですが、いろいろなタイプのお部屋があります。

ちなみに私たちは一番リーズナブルなお部屋、「パームコテージ」に泊まりました。

朝食付きの一泊二日、平日料金は大人二人で13,300円。

今回もじゃらんで予約。ポイントとクーポンを利用しました。

Go Toトラベルキャンペーンで▲4,980円、じゃらんの秋SALEクーポンで▲500円、じゃらんのポイント利用で▲1,200円。

実際に支払った金額は6,620円!とってもお得に利用することができました。

 

オクマステイおすすめの楽しみ方

今回は11月の旅行だったので、気軽に海に入れる季節ではありませんでした。

それでも、オクマではいろいろなことが楽しめます。

今回は、海水浴以外の楽しみ方をいくつかご紹介します。

ハワイ島気分を味わえるヴィラエリアのお散歩

オクマリゾート

オクマ プライベートビーチ&リゾートと言えば、ヴィラとコテージ。広い敷地のなかにゆったりと配置されています。

「この景色、どこかで見たような気がする…」と思ったら、そう、ハワイ島のコテージに似てるんです。

だから、その敷地内をハワイ島気分で散歩するのが最高に楽しい!

日本で敷地をこんなにゆったりとぜいたくに使っている施設はなかなかないと思います。

 

オクマリゾートのハンモック

お散歩していたら、敷地内にハンモックを発見しました。

大人も楽々乗れる大きいサイズ。自由に遊べるので、わたしも寝てみました。

それにしても、オクマのヴィラ・コテージはとっても素敵。

いつか、ヴィラにも泊まってみたいですね。

こんな風に、敷地内をのんびりお散歩するだけでもとってもいい気分ですよ。

広い敷地を端から端まで歩いてみましょう。

 

プライベートビーチで眺める極上サンセット

オクマのプライベートビーチ

オクマリゾートは本島の西海岸に位置しているので、夕日が楽しめるのも魅力のひとつ。

今回はやや雲が多かったですが、それでも幻想的な景色を見ることができました。

ビーチでのサンセット

プライベートビーチから見える、本部半島に沈む夕陽。

砂浜のデッキチェアに座って、のんびりと沈む夕陽を見届ける時間はとってもぜいたく。

オクマに来たらぜひこの夕陽をビーチで堪能してください。

 

ハワイ気分になれるテラス席での朝食

テラス席での朝食

オクマの宿泊は全て朝食付き。今回予約したときには、素泊まりプランはありませんでした。

朝食は「サーフサイドカフェ」というレストランでいただきます。

レストランの前にはお庭が広がっていて、テラス席もあるので、これまたハワイ島のような開放的な気分を味わいながら朝ごはんが食べられます。

もちろん私もテラス席を選んで、朝食タイムをを満喫しました。

沖縄料理の朝ごはん

朝食バイキングは種類が豊富。

洋食、和食のほかに、沖縄料理も楽しめます。

沖縄風のみそ汁、沖縄風の焼きそば、ゆし豆腐などなど。

注文ごとに作ってくれるポーク卵おにぎりもありましたよ。

朝食は朝10時まで利用できるので、ゆっくり寝て、朝のお散歩してから朝食なんてのもいいですね。

私たちはこのあと、体験ダイビングを予定していたので、ゆっくりめの朝ごはんをしっかり食べて出かけました。

 

沖縄の原風景を楽しめる無料レンタサイクル

奥間でサイクリング

ホテルにはいろいろなアクティビティがありますが、宿泊者はレンタサイクルを2時間まで無料で利用できます。

チェックイン直後にこのサービスを利用して、ホテルの周囲をサイクリングしてみました。

小道を抜けて海へ

車では入れない細い道も、自転車なら楽々!自転車をとめて、海を眺めたり。

沖縄の海さんぽ

サイクリングしながら沖縄の風を感じるのがとっても気持ちがいいんです。

自然を満喫するのはもちろんですが、近くには沖縄ならではのアイテムがならぶセレクトショップや、可愛らしいドリンクスタンドなどもありました。

自然からグルメやアートまで、幅広く楽しめちゃうサイクリング。

ホテルの周辺はアップダウンもほぼないので、スイスイすすめます。

ぜひ、自転車でオクマエリアを探検してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オクマで楽しめるおすすめポイントは以下の4つでした。

オクマプライベートビーチ&リゾートの楽しみ方

  • ハワイ島気分を味わえるヴィラエリアのお散歩
  • プライベートビーチで眺める極上サンセット
  • 海外リゾート気分を味わえるテラス席での朝食
  • 沖縄の原風景を楽しめる無料レンタサイクル

オクマは那覇空港から車で100分と決してアクセスがいいとは言えませんが、だからこそのんびりとすごせる環境が整っています。

時間をかけてくる価値は十分にあると思いますよ。

夏なら海も満喫して、さらにご紹介したポイントも楽しめて、言うことなしですね。

ぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-旅行
-, ,

Copyright© カメラのいろは , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.