写真上達の秘訣

【カメラ初心者必見】写真上達の秘訣|目標とジャンル・テイストを決めること

  1. HOME >
  2. 写真上達の秘訣 >

【カメラ初心者必見】写真上達の秘訣|目標とジャンル・テイストを決めること

スポンサーリンク

こんにちは。フリーカメラマンのユキカです。

みなさんに質問です。あなたはどうして、カメラや写真を勉強しようと思ったのでしょうか?

「なんとなく、おもしろそうだから」とか「ステキな写真が撮れるようになりたいから」など、目標がばく然としている方、意外と多いのではないでしょうか?

私自身がそうだったので、その気持ちもよく分かるんですですが、残念ながらそれではなかなか上達しないんです。

早く上達するためのポイントは、どうなりたいか?という目標を明確にすることです。

その目標をイメージしつつ、自分が主に何を撮るのか、それをどんな風に撮るのかを決めること。

そこを意識して勉強することで、学んだことが自分の記憶に深く刻まれていきます。

勉強するときには意識の持ち方がとっても大切。それが上達のスピードに直結しますよ。

では詳しくお話ししていきましょう。

最短で上達する秘訣!写真上達のコツ3ステップ

カメラ初心者です!どうしたら、上達するのでしょうか?おすすめの勉強法はありますか?

ただやみくもに撮るだけでは、なかなか上達しにくいので、写真が上達するコツについてこれから話していきましょう!

どうなりたい?写真を勉強する目標を明確にしよう

カメラマン

目標を決めることってとても大切ですよね。写真上達のステップでも、これが重要です。

写真の勉強を始める理由は人それぞれですし、また、勉強してどんな風になりたいのかという目標も自由です。

でも、ひとつ、確実に言えることがあります。カメラに限らず何事もそうですが、目標が明確なほうがゴールに早くたどり着くということ。

なので、はやく上達したいと思ったら、今すぐ目標を設定しましょう。

目標って…例えばどんなものなんだろう?

例えば理想とする作品やカメラマンを見つけて、「こんな写真が撮れる用になる!」というイメージをつくること。

まずは、どこへ向かって頑張るのか、そのゴールを設定していきましょう。

何を被写体にする?自分が撮り続けるジャンルを決めよう

ペット写真

目標が決まったら、次に大切なのは「どんなものを撮っていくのかを決める」という作業です。

「どんなもの」とは被写体のこと。あなたが撮る写真の「主役」になるものです。

例えば、花、夜景、野鳥、飛行機、子供、ペットなど。自分が撮りたいと思うものなら、どんなものでもいいんですよ。

ひとつに絞れない場合は、二つ、三つでもOK。とにかく、「このジャンルを極める!」と決めて、それを突き詰めとことん撮っていく。

撮るジャンルを決めるポイントは『どんな写真を撮っているときが一番ワクワクするのか?』です。好きな被写体は、時間を忘れて、楽しく撮り続けることができます。

ジャンルを絞らずに毎回違うものを撮っていると、常に新しい挑戦の繰り返し。腕が上がっているかどうか、分かりづらくなります。

まずは自分の好きな分野を決めて、そこを極めていきましょう。

私はジャンルを決めるのに2年半もかかりました。最初は「ジャンルを決める」という意識すらなくて。その結果、上達するのにすごく時間がかかってしまいました。

どんな撮り方が好き?自分らしい写真のテイストを見つけよう

ポートレート撮影

いろんな被写体の中から、好きなジャンルが見つかったとします。それをジャンルの写真を撮りながら、次は自分の好きな写真の撮り方を見つけていきます

例えば、明るめが好きか、それとも暗めが好きか?青っぽいクールな色が好きか、黄色っぽいあたたかみのある色が好きか?

撮った写真を俯瞰(ふかん)して見てみると、分かる場合もあります。

写真の『テイスト』を追求していくことで、自分らしい写真、つまりオリジナリティが見えてきますよ!

自分がどんな写真が好きなのか、これを見極めることって意外と難しいんですが、続けていくと、だんだんと見えてくるものです。

そうやって、自分の好みを研究していきましょう。

写真のジャンル・テイストを決めるメリット

情報収集がしやすくなる

自分の好きなジャンルや好きなテイストを意識するようになると、情報収集がしやすくなります。

そのジャンルを撮っている人をフォローしたり、その写真が撮れる場所を調べたり、そのジャンルの撮影に役立つセミナーに参加してみたり。

写真の本ってたくさんありすぎて選ぶのが大変。「自分のジャンルに役立つもの」って考えたら選びやすくなりますよ!

作品を見たり、撮り方を調べたり、その分野の撮影に関してどんどん詳しくなります。

そうすることで知識が増え、引き出しが増えて、いろんな写真が撮れるようになっていきます。

機材選びがスムーズになる

テーブルフォト撮影風景

写真を撮る時、被写体や撮り方によって活躍する機材(レンズ・アクセサリ)が変わってきます

例えば、テーブルフォトなら近距離で撮れる単焦点レンズが便利だし、野鳥の撮影であれば超望遠レンズや三脚が必要になりますね。

ジャンルによってレンズの向き不向きがあるし、必要となるアクセサリも変わるので、撮りたいものが決まれば、機材選びもスムーズになります。

ぜひ、自分の写真のジャンルに合わせて、機材をそろえていきましょう。

ジャンルやテイストは変えてもOK!柔軟に撮り続けよう

ジャンルを決めたら、それ以外は撮っちゃダメなんでしょうか?

一度ジャンルを決めたからと言って、それだけ撮ってくださいということではありません。

時には違うジャンルの写真を撮ってもOKです。その時に感じたインスピレーションが、いつも撮っている写真に役立つこともよくあります。

また、写真のジャンルやテイストが途中で変わってもいいんです。

いろんな写真を見たり撮ったりしていくと、目がこえたり、価値観が変わったりしていくもの。影響を受けて、好みが変わるのは当然です。

決めたものに固執するのではなく、頭を柔らかく、自分が撮りたいと思うものを撮り続けることが大切です。

自分の心に耳を傾けながら、写真に向き合っていきましょう。

写真に正解はないし、間違いもない。自由に楽しく!

ノートパソコンとスマホ

写真の撮り方は自由ですよ!好きなように楽しく撮りましょう!

写真には、人それぞれ好きや嫌いはあっても、正解や間違いはありません。自分にとって「これがいい!」と思える写真が正解。それでいいと思います。

ただ、自分にとっての正解を見つけるのはそう簡単ではありませんたくさんの写真を撮ることで、自分の正解はだんだんと見えてくるものだと思います。

大切なのは、「ただなんとなく」ではなく、常に何か「目標や目的を持って」ファインダーをのぞくこと。これが上達の秘訣です。

そのために、目標(ゴール)を設定して、何(ジャンル)をどんな風に(テイスト)撮りたいのかを明確にする。それを決めることで、写真の上達は一気に加速します。

自分の正解が見えてくるまでは、とにかく撮って、撮って、撮りまくりましょう。

スポンサーリンク

-写真上達の秘訣

Copyright© カメラのいろは , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.